トップページ > 製品案内 > インタフェース拡張ボード

製品案内 - インタフェース拡張ボード

RS232C, ZigBee, RS485, Pulse, フルカラーLEDを搭載したArduinoのシールド!!

特長

・ IEEE1888通信ボード(またはArduino)のインタフェースを拡張するボード

・ 以下のインタフェースに対応
 - RS232C
 - RS485
 - XBee ZB
 - Pulse (オープンコレクタ, TTL)

・ ご購入時に実装内容を(15種類から)指定してください

・ 3色のLEDインジケータを搭載
 - PWMポートに接続
 - 輝度・色をプログラムで調節可能

価格表

ZigBee5,050円
RS232C2,700円
RS4852,300円
Pulse1,850円
ZigBee+RS232C6,580円
ZigBee+RS4856,100円
ZigBee+Pulse5,600円
RS232C+RS4854,300円
RS232C+Pulse3,900円
RS485+Pulse3,500円
ZigBee+RS232C+RS4858,150円
ZigBee+RS232C+Pulse7,750円
ZigBee+RS485+Pulse7,300円
RS232C+RS485+Pulse5,500円
ZigBee+RS232C+PS485+Pulse9,350円

Arduino端子番号との対応

機能端子Arduino端子番号
RS232CTXA2
RXA3
ZigBeeTX(DIN) A0
RX(DOUT)A1
RS485 TX(DI) 8
RX(RO) 9
TXE(DE)7
¬RXE(¬RE)4
Pulse PULSE 2
RGBLEDRED 3
GREEN5
BLUE 6

応用例

XBeeを利用するプログラム例:

// XBeeReader 1.0 for Arduino 1.0 development platform
#include // XBEE からの読取り用

// XBEEシールド (インタフェース拡張ボード XBee実装タイプ)
#define XBEE_TX 14
#define XBEE_RX 15

// Xbeeモジュールとの通信シリアル
SoftwareSerial xbeeSerial=SoftwareSerial(XBEE_RX, XBEE_TX);

// 初期設定ルーチン
void setup()
{
  // I/O初期化
  Serial.begin(9600); // USBシリアルとの通信速度を9600bpsに設定
  pinMode(XBEE_RX, INPUT); // RXを入力モードに設定
  pinMode(XBEE_TX, OUTPUT); // TXを出力モードに設定
  xbeeSerial.begin(9600); // XBeeとの通信を9600bpsで行う
}

// メインループ
void loop()
{
  while(1){
    char c;
    while(xbeeSerial.available()){
      c=xbeeSerial.read();
      Serial.print(c);
    }
  }
}

パルス検出のプログラム例:

void setup(){
  Serial.begin(9600);
  pinMode(2, INPUT_PULLUP);

  // 0 = digital2 パルス検出 -> pulse_detect関数を呼ぶ
  attachInterrupt(0, pulse_detect, FALLING);
}
void pulse_detect(){
  Serial.println("Pulse Detected!!");
}