トップページ > 製品案内 > IEEE1888通信ボード

製品案内 - IEEE1888通信ボード

TCP/IP機能付きArduino互換機!! IEEE1888でセンサ情報を収集できる!!
 

 

特長

・Arduino互換のハードウェアを採用。
・TCP/IP通信、USBシリアル通信機能を標準装備。
・Arduino IDE を用いたソフトウェア開発が可能。
 -付属ライブラリ(*)を利用することで、IEEE1888通信
  スタックを容易に搭載できます。
・USBシリアル通信機能を装着。
 -これ一枚で、パソコンとUSB接続が可能
 -コマンドラインによるネットワーク設定機能(CLI)も
  搭載可能
・名刺よりも小さいので、小型パッケージ化が可能。

仕様

スペック表

種別 内容
IEEE1888通信 付属ソフトウェアでは WRITEクライアントのみ
ポイント数: 10〜100程度 (全ソフトウェアの規模に依存)
入出力ピン配置 Arduino互換:20 入出力ピン(内: 6 ピン アナログ入力可, 6ピン PWM出力可)
         ピン 10 〜 13 は TCP/IP Ethernet コントローラと共用
         ピン 0, 1 は USB Serial コントローラと共用
メモリ プログラムメモリ: 32kByte; 作業メモリ(SRAM): 2kByte
           不揮発性データメモリ: 512 Byte
USB mini B タイプ (USB給電不可)
パソコン側には FT232 ドライバのインストール が必要
Ethernet 10M/100M Auto MDIX
TCP/IP ICMP対応、TCP 対応、UDP対応 (IPv4 のみ)
電源 DC 6V 〜9V 500 mA
寸法 54mm × 74mm × 17mm (外形); 54 mm × 69mm (基板面)
その他 NTP対応可、DHCP対応可、DNS対応可、CLI 処理系搭載可

ボード寸法図

応用例

室内環境監視システム

その他想定できるシステム

電力メータの接続 ZigBeeネットワークとの連携
人感/照度センサの接続 Bluetoothネットワークとの連携
CO2センサの接続 RS485ネットワークとの連携
RFIDリーダの接続 各種 Arduino シールドとの連携
電力メータの接続
GPSモジュールの接続

関連商品

IEEE1888学習キット インタフェース拡張ボード